トップ > コラム > はち歯科の一歳半検診について
2016.11.30
はち歯科の一歳半検診について

はち歯科は大野城市の乳幼児歯科検診(一歳半検診)の指定医療機関です。

お母様、お父様、
大野城市から一歳半検診の受信通知書が届きましたか?

お子さんにとって、大事な歯科検診になります。

■ 歯の発達は出生前から始まっている!?

実は、歯の発達は出生前から始まっているってご存知でしたか?

なんと、妊娠6週目頃から乳歯の芽がつくられ、永久歯も妊娠4か月頃にはでき始めます。
出産時には乳歯が生える準備が整って、さらに永久歯の石灰化が始まります。

乳歯

 

■ 乳歯が生えそろう時期は?

乳歯は生後6ヶ月頃から。前歯から生え始めてきます。
一歳半頃には乳臼歯(にゅうきゅうし)と呼ばれる奥歯が生えてきます。全ての乳歯が生えそろうのは、3歳頃になります。

 

乳歯の歯式

 

■ 乳歯のケアについて

歯の表面は身体の中で一番固い、エナメル質で覆われていますが、乳歯のエナメル質の層は永久歯に比べて半分〜1/3程度しかないため、むし歯になりやすく、気づくとすぐに黒くなったり、穴が空いたりします。

歯の構造

 

そうならないため、日頃の歯みがきや甘いものを与えすぎないなど、まずは家庭内でのケアが大切です。

また当院では歯ブラシだけでなく、乳幼児用のデンタルフロスを使うことをおすすめしています。さらに3ヶ月に1度はフッ素塗布のために来院していただきます。

定期的に歯科に通ってフッ素塗布をしていれば、むし歯になりにくくなるのはもちろん、万が一、むし歯になったり、歯の生え方に問題があったりしても、早期発見、早期治療ができるので、治療が最小限ですみます。

乳歯のケア

 

■ 乳歯がむし歯になっても大丈夫という思い違い。

たまに「乳歯がむし歯になっていても生え変わるから放っておいてもいいんじゃないの?」という方がいらっしゃいます。乳歯をむし歯のままにしておくと、むし歯菌が増殖し、すぐに神経まで到達します。神経までむし歯菌が広がると、その奥に待っている永久歯の色を変色させたり、歯並びが悪くなったりします。

 

子どもの治療

そうなると歯を削ったりして、嫌がる子どもに無理に治療をしなければならなくなります。私達スタッフもボロボロの歯になって泣きじゃくるお子さんを無理やり治療しないといけない時はとても悲しい気持ちになります。
強い永久歯、キレイな歯並びになるよう、乳歯の頃から口の中を清潔にしてむし歯にならないようにきちんとケアをしていきましょう。

 

はち歯科の一歳半検診

■ お持ちいただくもの

・健康保険証

・一歳半検診問診票

・母子手帳

 

■ 検診の流れ

お子様のお口の中を見せていただきます。

まずは、歯の本数のチェック→虫歯になっていないかのチェックをします。

その後、3歳までの口腔育成、乳歯の磨き方についてご説明いたします。

3歳までの口腔育成

当院でご説明する資料

さらに食事指導(どういった食べ物を与えれば良いのか)、虫歯予防になるフッ素についての話をいたします。(一歳半検診ではフッ素塗布はできません)

トータル30分程度で終わります。

 

■ 一緒にお母様、お父様の健診をおすすめします。

一歳半検診はお子さんのみですが、当院では一緒にお母様、お父様の歯の健診をおすすめしています。一歳半検診当日に一緒にお母様、お父様の健診を希望される方は予約の際に「私の口の中も一緒に見てもらいたいのですが」とおっしゃって下さい。
当院には保育士が多数在籍しており、キッズスペース、授乳室もございますので、お母様、お父様も安心して健診を受けていただくことができます。

kidsspace

特にお母様は出産してから育児に追われ、歯医者に通う余裕がないため、虫歯や歯周病が進行している方が意外と多くいらっしゃいます。これを機会にぜひお口の中を見せて頂けたらと思います。

 

■ 虫歯の感染源は「親」?!

子どもが虫歯になる原因として、ご両親の口腔内環境や家庭の生活環境が深く関係いたします。

日常的に砂糖がたくさん入ったお菓子やジュースを与えていたり、両親が歯みがきをきちんとしてない中で口移しで食べさせていたり、家庭内の生活習慣がむし歯菌に感染しやすいかどうか大きく左右します。

両親の食生活

当院では、むし歯のリスクがどれだけ高いのか、唾液検査を行っています。

「子どもの健康な歯は親が作る」と言っても過言ではありません。

 

■ ご家族で定期的なメンテナンスを。

お子様へ定期的なフッ素塗布により、むし歯を予防し、さらにご両親、おじいちゃん、おばあちゃんの口腔内もキレイになることでさらにお子様へのむし歯菌、歯周病菌の感染リスクが減っていきます。
家族で、むし歯や歯周病のリスクをコントロールすることで、いつまでも健康な自分の歯で生活できるようになります。

家族

 

■ たかが一歳半検診、されど一歳半検診

子どもの歯が生えてきたけど、まだ生え揃わないからといって、口の中をおろそかにしていると、気づいた頃にはむし歯で歯がボロボロ、、、なんてことに。

子どもの症例

むし歯が進行した小学生

小学生の時にむし歯治療で歯医者に通っていた方、あのときの嫌な思いを、同じように自分の子どもにさせたくはありませんよね。

 

仕上げ磨き

乳歯だから・・・といえども、将来の永久歯に大きな影響を与えていきます。
一歳半検診をきっかけに、お子様の歯はもちろん、家族で歯の予防に取り組んでいきませんか?

 

気になることがあればどんな些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。


アクセス
授乳室完備・オムツ台完備・キッズスペース完備
〒816-0905
福岡県大野城市川久保1-12-10
092-504-2323
お気軽にお問い合わせ下さい。ご予約もこちらから
診療時間
9:30~20:00
月・水・木・金 9:30〜20:00(最終受付19:00) /火曜 9:30〜19:00(最終受付18:00)
土曜 9:30〜17:00(最終受付16:00)
★日曜日は月一回診療しております。予約制となっておりますので、当院に電話での確認をよろしくお願いいたします。
初めての方へ
〒816-0905 福岡県大野城市川久保1-12-10
TEL : 092-504-2323
ページトップへ